わたしが意識を変えた理由


突然美容に対して意識が変わったのには、ひっそりと理由がある。大きく分けて3つ。

1.東京に住んだ
2.就職先に美人が多かった
3.アイドルと若手俳優にハマった
これである。


まず1つ目。
大学進学を機に首都圏に住み始めた。
通っていたキャンパスは東京じゃないけど、20〜30分も電車に乗れば新宿という場所にあった。わたし田舎から出てきたので「田舎者っぽくない格好をしなきゃ!」と意気込んでいた。(今思えば、The 文系大学生って感じで全然美容もメイクもファッションもパッとしてなかったなとは思う)

3年くらいでやっと自分に合う服の系統が多少わかるようになったけど、それでもやんわりだった。
美容室を変えて、担当の方と相談しながら自分に似合う系統を模索していた。

そのまま地元に戻らず東京で就職した。



ここで2つ目である。

就職先は小売業界。配属された店舗の女性陣に美人が多かったのだ。いや、本当驚くくらい。
お店のFBは勿論、会社のPR動画に出演する方もいる。

そんな方々に囲まれていたら自分はこの人達と違うんだから何したってダメだってマイナスになるか、多少でもつり合えるように頑張るかの二択だと思う。
昔のわたしなら「いや、頑張っても無駄でしょ」って何の努力もしなかったと思う。だけど販売職だし、お客様と相対して仕事するのに多少なりとも綺麗になれたら仕事楽しくなるんじゃない?と思った。(それと、美人な上司に「吹石一恵に似てない?」って言われたのもある。本当に似てるかは微妙だけど)

ここで、数年ぶりにファッション誌を買い始めた。


最後に3つ目。
これはまた後で長く書くつもりなのでざっくり。2次元も3次元もアイドルに、さらには若手俳優にもどハマりしたことが何を隠そう最大の理由。


思い返したらこれかなーっていう理由。
きっかけをそんなにちゃんと覚えてられないんですけどね。
ただ、ぼーっとしてても努力しても二十代はそのうち終わるのでやれる時にやれる事、やりたい事をやろうかなと思います。色々試してみる。

ブログを書くのも続けたい。